全件表示TopRSSAdmin
information
    ご無沙汰してます。
    早くニート脱出せねば…家事手伝いはそれでつらいっす。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
江戸時代から沖縄へ 1
2007 / 03 / 13 ( Tue )
久しぶりに長い夢がキた。
相変わらず滅茶苦茶だが時代物は初めてじゃないだろうか…










―――――ここはとある城主、15代将軍○○の話…




…夢でナレーションが入りました。(マジ)


しかも江戸幕府15代将軍の名前が入ってます。
やけにリアルで恐ろしい。
そしてちょっとナレーションで話は進みますが簡単に説明。


将軍には想い人が居て、その女性は将軍の側で下働きをしている者。
女性も叶わぬ夢と思えど将軍をお慕いしている。
しかし女性の姉は、将軍の側近の悪い奴の手下で諜報人。
見えない場所で将軍のあら捜しをしている。
もちろん将軍に関わる自分の妹の事も、報告対象となるのだ…

因みに大奥はないので全く関係ないです。

そしてある日、悪い奴が書類関係かなんかで(忘れた)ミスを犯し、それを将軍に擦り付けたのだ!

で、将軍は勿論私。(主人公ですね)



『…何のことだ、余は身に覚えはないぞ』

『何を仰せられます、実際にこうして』

証拠を突きつける悪者。

『知らぬといっとろうが!』

『認めるのが悔しいのはわかりますが余計悪い方へ向かうだけですぞ』

仕組んだのはお前だろうが!と言いたくなるほど、ふてぶてしいのが悪者。
私が思うにこの悪者は老中という位に居るのかもしれない。
ちょっと年寄りだ(根拠がおかしい)

で、とどめの一言。


『悔しければ切腹でもなんでもなさるが宜しい』


…将軍に言うセリフじゃねえ。

つか将軍亡くなったら困るのあんたらやろが!

屈辱を受けた将軍(私)はその言葉が忘れられません。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

11 : 26 : 05 | | コメント(4) | page top↑
知られていなかった血液型
2007 / 03 / 07 ( Wed )
現在資格試験を受けているクロネトルなんですが。
何だかいくつも試験受けなくてはいけないんですよ。

で、ちょっと面白い問題が出たので…

先日受けた英国の解剖生理学の試験。(もちろん日本語で解く)




「血液型の種類を3つ挙げろ」





…何だろう、サービス問題にしてはショボイ。
血液型位誰だって判るだろうに…

ひょっとして、あれか。

裏があるのか?
でもRHが云々とかは良く知らんし…
深く考えても進まないので結局、A型とか公然の事実を書いておいた。





で、今日。
別の模試で学校に行った際先生からその事について話があった。

「あれねー、外国の人にとっては常識じゃないのよ」


何ですと。


よくよく話を聞いたら血液型占いとかで日本では一般的に知られているが、
医学的な物なので、アメリカとかでも普通に自分の血液型を知らないらしい。

緊急の時はその時に調べるそうだよ…

だから日本人にとってはラッキー問題だったらしい。
何か意外だったよ、血液型の世界的認知度……

_____________________________________________________________

18 : 28 : 05 | | コメント(4) | page top↑
暗示夢?
2007 / 03 / 05 ( Mon )
今日じゃないんですが、少し前に見た夢の話。


その日は結構普通の夢で、家の中で日常生活を送っていたんだが。
夜、風呂から上がった後に鏡を見たら…

右目が白く濁っていた。

普通だったら慌てふためいて速攻病院行きだが、やはり夢の中のせいか
『おや、大事をとって早く寝よう』
としか思わずさっさと布団に入って目を瞑ってしまった。



夢の中で病んでいる所は実際病気が潜んでることもあるらしい。
加えて、夢の中の目は精神状態のシンボルのようだ。
でも目が濁るって直接的な意味は調べられなかった…

かなり視力落ちてるからそろそろ気を付けろって暗示か、
それとも心が濁ってるって事か。

まあ私は夢占いは教訓としてとらえるクチなので、ちょっと気を付けてみようと思ったよ。

…妙なとこだけリアルに覚えてるもんだ。

_____________________________________________________________

09 : 47 : 23 | | コメント(4) | page top↑
お題「ねこ!ネコ!猫の可愛さを語る!」
2007 / 03 / 02 ( Fri )
来た来た来た…猫ッ!!(´▽`)

それは、見ただけでにやけさせられる生物。
あんな可愛い奴は私の中で他に考えられない。
断然猫派の私としては将来設計にいつか必ず!
猫を飼うということが組み込まれているのだ(´▽`)

友人宅にいる美猫(笑)ミミは、お腹が空いた時・寝る時だけ自宅に帰ってくるのだが、
ご飯をねだる時、足元に絡み付いてくる。
頬をすり寄せ尻尾を巻きつかせ…


たまらん!!(´▽`)

遊びに行った私にもそうなのだから、寝る時なんか凄いんだろうなと友人に訊ねた所、

「寝る時は自分より先にベッドの上にいて、
真ん中に陣取られて端っこに避けなきゃ寝られなくなったり…
人が寝てるときに布団に入れろと鳴いてせがんで来たり…
腹の上で寝られて重くて起こされたり…」


上等じゃないっすか!!
君の愚痴は惚気にしか聞こえないよ。(´▽`)

自己中心的でこそ猫。
あの気ままさが、たまらんのです。


…見た目の可愛さを語らせると長いので割愛してやろう。

_____________________________________________________________

20 : 51 : 35 | | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。