全件表示TopRSSAdmin
information
    ご無沙汰してます。
    早くニート脱出せねば…家事手伝いはそれでつらいっす。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
隔離…閉ざされた空間
2007 / 01 / 03 ( Wed )
夢日記始めました。記憶から消すには惜しい滅茶苦茶な展開(苦笑)を覚えてる限り記録します(゚ ⌒ ゚)>

事の始めは某電鉄の特急電車の試運転に招待された事でした。
ちらほら知り合いとかも居たが、見掛けただけで何故か避けるように別の車両に移動する私。
こそこそしちゃって…招待されたのに追われてるのかよ。
やがて自分の降車駅に到着しホームに降り立つ…と、

ホームが昔通っていた工業高校の二階にそっくり。

いきなり学校かよ!と突っ込みを入れつつ、そういえば昔…学校が駅と直結してれば便利だとか友人たちと話していたのを思い出した。
こんな所で願望が叶わなくても。
そしてやはりいきなり学生服着用。懐かしさと順応性の高さには感服致します。(‐_-)

教室に行くと、皆がなにやら暗い顔。
どうやらこの学校は現在封鎖状態にあり、教頭が牛耳ってるらしい。(いきなりな上微妙な独裁者)
クラスの面々は全く知らない人なのに、やはり順応する私は事情を伺い、それを知る。
勿論駅はすでに消滅している。都合が良すぎ悪すぎると思う
かかわらずに逃げたかったのに(ボソリ)

と、その時…どこぞの先生と思われるオジサンが教室に入ってきて、クラス全員をどこかに移動させようと厳つく指示を出してきた。
私は慌てて掃除用具入れに隠れる。何故か誰も見ていないが。
長箒やらモップがゴロゴロ入っているので、一人でも入れたのが奇跡と言えるほどギュウギュウ。


…やがて誰も居なくなり静まり返る教室。



私は漸く窒息しそうだった狭い空間から脱出。
皆何処にいったんだろう…確か階段の方から音が聞こえていたみたいだけど、とか思いつつ教室を出て下の階へ。

…居た教室は2階だった筈なのに、4階分くらい下っても窓の外が明るいんですが。

さっきの何階だったんだよ!!
まあこのくらいの矛盾はおいて置いて、とうとう1階に辿り着いた。

私の母校には本校舎から渡り廊下を渡ると、実習目的のため敷地内に工場があり、ここで機械科実習が行われているのだが、
その工場の前に高校時代の友人が1人で立っていた。

クロ:『あ、リオ!(仮名)』

リオ:『やあクロ。じゃあね』

オイ待て。

クロ:『…何処行くの?』

前々から一緒に居ると自己中心的思考気まぐれな所があったが、夢だと度が増している。
と、拳を握るリオ。

リオ:『工場に入る!!』

…入ればいいじゃん。

内心が表情に出てしまったらしく危うくぶん殴られる所だった。


リオ:『そう簡単に言うけど、入ろうとすれば撥ね返される』

コンコン、と工場の入口の空間を叩いて見せるリオ。
空間に歪みが生じ、叩いた所から水面が揺れるように波紋が広がる。
私がその様子に呆気に取られていると、工場とは反対側に歩き出すリオ。
その動きを目で追っていると、リオはある程度の距離でぴたりと止まり、くるりと体をこちらに向け…

ダッシュ体勢。
運動音痴のリオが人並みの速さで工場の入口に突っ込んでくる!!

リ オ : 『 た ー っ ッ !! 』 

クロ:『うええぇぇッ!!?』




















バイーン。





リオ:『うおわぉ、おっと…っと!あーまたか!!』

何回やったんですかそんな不毛な事を。
懲りも無く突進を繰り返すリオ。
その度に跳ね返されている。

クロ:『そこまでして工場の中に何で入りたいのか…』

リオ:『この学校から出る為!工場の中にヒントがある』

クロ:『そうなんだ』(あっさり)

いやに断定的だが証拠はあるんだろうか、と普通思うところだろうが。
生憎私は現実でもこの友人の意見を否定出来た試しがないのだ。(小心者め)

リオ:『クロも手伝って』

クロ:『はあ…』

あ、やっぱり逆らえないんだ。

そして2人で仲良く無謀な突進。

リ オ ク ロ : 『 た ー ッ !! 』








ゲニョぐにょグニョリ。



リオ:『やったー!!』

そりゃあ、良かったな。
何だかリオと違って達成感は無く、精神的疲労が蓄積された気がした。



…長くなったから続く!!!(えー)

↓よろしければ宜しくお願いします。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

09 : 53 : 44 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<隔離…閉ざされた空間・後編 | ホーム | 今年もよろしく。初夢>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuronettle.blog82.fc2.com/tb.php/17-47b3b009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。