全件表示TopRSSAdmin
information
    ご無沙汰してます。
    早くニート脱出せねば…家事手伝いはそれでつらいっす。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
隔離…閉ざされた空間・後編
2007 / 01 / 03 ( Wed )
見事にリオに利用され、難攻不落の工場内に入ってしまったクロネトルの続きです。


クロ:『入れちゃったな…』

リオは私なんかさて置いて、さっさと工場の一区画に入っていってしまった。
いく所も無く薄緑暗い中で独り、何だか不安になった私は慌ててリオを追った。

リオ:『来たの、クロ。若者にありがちだね、単独行動を嫌がる』

悪かったね。

クロ:『いや怖くて…何か出そうで』

小心者もいい所だな、自分…

リオ:『まあ良いや、何かこれ謎っぽいよね』

あったのは一つの小さな看板。
カタカナとひらがなが入れ混じっている。

クロ:『リオ、こういうの得意そう』

私は一年の時、リオにしょっちゅうIQ試しみたいな問題を出されていたのを思い出した。

リオ:『こういうのはどれだけこういう問題をこなしているかで決まるんだよ、

私はこの問題の答えを知らないから解けない


…そうですか。としか言いようが無い

クロ:『じゃあ私も解らな『クロは考える頭を作ったほうが良いよ』

…そういやこんな事、よく言われていたなぁ。懐かしい。

あまり良く覚えていないが、謎は何だか並べ替えパズルみたいなのだった気がする。
思ったより簡単に解け、そして謎に意味は無かったらしく私達は別の場所に移動した。




本来母校では、工場を抜けた所にテニスコートがある…筈なのだが、
どういう訳かそこが全て複雑な構造をした畑になっていた。
色々な作物があり、その中には木板で囲まれた人が住めるような家の様な物がちらほら。
周りの作物を食べながら暮らしているらしい。学校で生活をするな。
よく見ると多少さっき教室に居たクラスメイト達も混じっている…?
何か目がトロンとしてますが。
坦々と収穫している人々がちょっと怖い。
こそこそ隠れていると、何だか正気そうなおじさんが私に話しかけてくる。

『皆教頭に洗脳されているんだ、ここから早く逃げたほうがいい』

またしても教頭か。そして工場の方に返される私たち。

リオ:『きっとあの畑を抜ければ北門から出られる!』

どこからそんな役に立つ知識を。

リオ:『洗脳されたフリをして中に入ろう』

リオは私を置いてさっさと1人で中に入っていってしまった。
溜め息を吐きつつ覚悟を決め、私もその後を追ったが既にリオの姿は無かった。

周りの人々と同じような動きをし、感づかれないようにする…と。

『オイお前』

見つかった!!

『何でしょう?』

『話せるのに侵入者探しをするな』



どうやら役割分担をされているようで、殆どの人は自分の意思で話せないらしい。
その場は何とか切り抜けたものの、これはちょっと進むのは無理かなーと思った。
その時、先程会った正気そうなおじさんに話しかけられた。
どうやら教授と言う職業についているらしい。

『ここの人たちを洗脳から解くには、ある材料がいるんだ』

洗脳には絶対消せないプログラムが使われているそうだが、材料が揃えばそれを書き換える事が出来るらしい。

『まず、金柑、南天、ネギ、そして何より必要なのが…』

なのが?


『ウォッカだ』



…呑むんですか?
何だかパッとしないけど冬と言う季節柄な感じの材料達ですね。
そしておじさんの傍にいた仲間だという小さい女の子が、外から金柑を持ってくるといって行ってしまった。

『あんな小さい子まで…』

…余談だが女の子は洗脳されている主婦の息子に協力してもらい金柑を持ってくるが、男の子が母親にばらしてしまったので、物凄い勢いで追っかけまわされる事になる。


それはそれとして、その他の材料をせっせと運んでいく自分。
後はウォッカだけ。

『早くしてくれよ』

うるさいな、庭いじりしかしてないくせに!!
そんな気持ちも内心にとどめウォッカを探しに行く健気な自分。
その苦労は場面として展開されず視点は教授の物に。(泣)

『後はウォッカだけだってのに…』

何故か雑貨屋の中みたいな所でレジ番をしている教授。
そこに私が飛び込み、タスキ渡しの様に息も絶え絶えにウォッカのビンを渡し店の奥へと駆け抜けていった。
…何があったか気になるところだ。

しっかりと受け取った教授はグイっとウォッカのビンを半分呑み、レジの電子画面でパソコン操作をしている。
やっぱ呑むのか。
しかしとうとうプログラムの書き換えだ。
だが何故か画面は子供が描いたような本棚。

『この本を108個にすれば…』

常人には到底理解できない理論を駆使して作業を進める教授。
とその時…

『すみません、ウォッカをいただけるかな…?』

『き、教頭…!』

何と!ここまで来てとうとう教頭の姿が!!(゚ロ゚)

一体どんななんだろう?とドキドキしながら振り返ると…








…シルエットかよ!!


って所で目が覚めた。
所詮夢、フィニッシュまで見れるはずが無かったんだ(´Д`)
…何だかお疲れ様でしたって感じです。


↓↓ちょっとでも楽しんでいただけたらお願いします。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

12 : 06 : 29 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<忘れた | ホーム | 隔離…閉ざされた空間>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuronettle.blog82.fc2.com/tb.php/18-1706e0df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。