全件表示TopRSSAdmin
information
    ご無沙汰してます。
    早くニート脱出せねば…家事手伝いはそれでつらいっす。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
底敷き入れてから一週間経って思ったこと。
2006 / 11 / 19 ( Sun )
前回の記事で踵だけ靴底を入れたという話を書いたが、暫く経って思ったことがある。

それは、踵だけが底敷きの分だけ高くなってしまい、そこに体重が偏って乗っかってしまうのだ。
普段と重心が変わったせいか、土踏まずの横側(小指側)の本来地面に着くはずの部分が靴底に着かず、突っ張った感じがする。

こりゃもしかしたらあんまりいいことではないんじゃないか…と漸く思い出し、ちょいと調べてみた。




本来重心は、踵→足の外側の縁→つま先の方に向かい、小指の付け根の近く(小指球と言うらしい)→親指の付け根辺りの近く(こっちは母指球)というように移動するらしい。
で最後に親指を中心に地面を蹴って歩いていく。
(この間に足のアーチ型の骨が衝撃を吸収するクッションの役目を果たすらしい)



ということはここ一週間、私の足に掛かる重心は足縁を通らず、踵からすぐつま先の方に体重が移動していたと言うことだ。

何か実行した側としては複雑な結論が出たので、底敷きを外してみた。
それで数日過ごしてみたのだが、やはり踵が痛い。

…足底すべてをサポート出来るような底敷きをちゃんと買うか、シュ―フィッターの居る店で靴を買うなりしたいもんだ。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

16 : 30 : 01 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<超絶タイピング!目指せブラインドタッチ | ホーム | 靴にぶよぶよな底敷き>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuronettle.blog82.fc2.com/tb.php/2-845430b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。