全件表示TopRSSAdmin
information
    ご無沙汰してます。
    早くニート脱出せねば…家事手伝いはそれでつらいっす。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
風呂に携帯
2006 / 11 / 07 ( Tue )
私は以前、風呂に携帯を持っていって湯船に落とした事が二回ある。
まあよくある不注意ってやつで…。

風呂の蓋を閉める時に…



「ぼっちゃん」




「…………ギャーーー!!!



一度目は一番最初の携帯。
電池パックが一体型でカバーが無い奴だった。
ステンレスの湯船の底に沈んだそれを拾い上げ、慌ててタオルで水分を拭き取り、恐る恐る画面を確認…無事だった。

煌々と光るディスプレイを見て、私は本当に安堵した。
「これからはもっと気をつけねば…!」と心から思ったものだ。



それから二年。



三代目の携帯を湯船の中に落とした。
見事に同じパターンだ…凹むしかない。(´▽`)

同じように慌てて拾い上げたが、携帯は光も唸りもしない。

コレはマジでヤバイ!!

三代目は電池カバーがついている奴で、慌ててそれを外して見るとやはり中まで水が入りこんでいた。

それからが大変だった。

ダイヤルキーなんかも水っぽかったし、アンテナの格納庫は水がかなり入っている、スピーカー部分だって水浸しさ。

タオルで拭き取り、細部はめん棒やティッシュに頑張ってもらい表面から可能な範囲で水を吸い取りまくった。
ドライヤーまで持ってきて(もちろん冷風で)思いつくあらゆる手を尽くし看病(?)した。

そして一夜明け、こわごわしながら祈るように携帯と向き合い、電源を入れた。







「やった!!!私はやり遂げたぞ!!!!(嬉)」


何とかつくようになりました。
その後も目立った異常は無く、今もその携帯を使い続けています。

懲りもせず風呂場に持ち込みながら。



実は携帯じゃなくてPHS(ウィルコム)だって事は秘密。
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

18 : 20 : 56 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<潮干狩りって時期外れ? | ホーム |
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuronettle.blog82.fc2.com/tb.php/4-c94e782c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。