全件表示TopRSSAdmin
information
    ご無沙汰してます。
    早くニート脱出せねば…家事手伝いはそれでつらいっす。


スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

_____________________________________________________________

-- : -- : -- | | page top↑
江戸時代から沖縄へ 1
2007 / 03 / 13 ( Tue )
久しぶりに長い夢がキた。
相変わらず滅茶苦茶だが時代物は初めてじゃないだろうか…










―――――ここはとある城主、15代将軍○○の話…




…夢でナレーションが入りました。(マジ)


しかも江戸幕府15代将軍の名前が入ってます。
やけにリアルで恐ろしい。
そしてちょっとナレーションで話は進みますが簡単に説明。


将軍には想い人が居て、その女性は将軍の側で下働きをしている者。
女性も叶わぬ夢と思えど将軍をお慕いしている。
しかし女性の姉は、将軍の側近の悪い奴の手下で諜報人。
見えない場所で将軍のあら捜しをしている。
もちろん将軍に関わる自分の妹の事も、報告対象となるのだ…

因みに大奥はないので全く関係ないです。

そしてある日、悪い奴が書類関係かなんかで(忘れた)ミスを犯し、それを将軍に擦り付けたのだ!

で、将軍は勿論私。(主人公ですね)



『…何のことだ、余は身に覚えはないぞ』

『何を仰せられます、実際にこうして』

証拠を突きつける悪者。

『知らぬといっとろうが!』

『認めるのが悔しいのはわかりますが余計悪い方へ向かうだけですぞ』

仕組んだのはお前だろうが!と言いたくなるほど、ふてぶてしいのが悪者。
私が思うにこの悪者は老中という位に居るのかもしれない。
ちょっと年寄りだ(根拠がおかしい)

で、とどめの一言。


『悔しければ切腹でもなんでもなさるが宜しい』


…将軍に言うセリフじゃねえ。

つか将軍亡くなったら困るのあんたらやろが!

屈辱を受けた将軍(私)はその言葉が忘れられません。
見た目は冷静でも腹の中は煮えくり返る現状。
下働きの女性に慰められるが、こんな歪んだ事実は認めるわけにはいかないのだ。

将軍は天守閣のような場所に行き、2人の人物を呼び出した。
悪者の側近と普通の側近だ。

『何用でございますかな』

『うむ』

すらりと腰にさしていた刀を抜く私。

『!?ご乱心か!』

『いいや、決着を付けようじゃないか。
お前が偽装を認めたならば命は助けてやろう、だが認めなかった場合は…』

立会人も居るわけだしな。



ごくり。  つか脅しじゃ自白にならないんじゃ…



悪者がしらばっくれたりして、暫く膠着状態が続く。








『…そろそろ終いにしようか』

『…』

私が刀を手に取ると、それは短刀に変わった。
そして自らの服(袴なのか?)を上半身脱ぎさり短刀を腹に刺し入れたのだ。
…何がしたいのだ自分。

『!何をなさいます』

必死に止めようとする立会人にされた側近。
だが時は既に遅し。

『…お前がやったな、あれは』

息も絶え絶えのはずなのにしっかりした口調で悪者に語りかける将軍様。
がっくりと頷くしかない悪者。(えー…)

勝った…ニヤリと将軍は笑みを浮かべた。
だが、そろそろ体力の限界が近づいていた…私は床に横たわる。


『!将軍様…ッ!?』

タイミングよく天守閣に登ってきた下働きの女性に見られてしまう。
ついでに後ろに彼女の姉が居る。
姉のことは無視して私は女性に顔を向けた。

『格好の良くないところを見せるな…』

首を振る女性。

『将軍様…』

駆け寄ってきた女性に頭を抱かれる。
そして将軍は息を引き取………







―――まてよ。




どうせなら膝枕の方が良いんじゃないか?―――




死に際だというのにそんな邪な思考が働いた瞬間。











私はついさっきまでのように、床に横たわっていた。




首を振る女性。

『将軍様…』

どうやらやり直しが利いたみたいだ。

駆け寄ってきた女性の膝の上で抱かれ、私は満足げに目を瞑ったのだった。








女性ははらはらと涙を流し、暫くの後将軍を床に横たえ姉に託し、階段を下った。

そして夢は、視点だけで女性を追いかける。

女性は階段を下っている間に服が着物から洋服に変わり、ついでに階段も木造からコンクリートになった。

そして冷静に辺りを見回すと人が沢山。
いつの間にか駅の階段に。

そう、いきなり現代にタイムスリップしたのだ。(ただの場面転換)





…無謀な死に方?をした上に何故だか続きます。
ホントによくわからん夢を…(泣)
スポンサーサイト

_____________________________________________________________

11 : 26 : 05 | | コメント(4) | page top↑
<<江戸時代から沖縄へ 2 | ホーム | 知られていなかった血液型>>
コメント
----

ナレーション入りの夢って、かっこいいですね!!
もしかして、将軍様はクロネトルさんの前世だったのでは!?
続きのお話が気になります!!
by: びん * - * URL * 2007/03/14 * 00:20 [ 編集] | top↑
----

ナレーション入りって(笑)

膝枕いいなぁ、、、僕もそんな幸せ(?)な夢を見てみたいものです。
巻き戻しシステム、これが現実にもあればなぁ。

あっ、リンクつけてもらっちゃって、ありがとうございましたー!
僕のほうからもリンクしときましたから!
by: SABO * - * URL * 2007/03/14 * 21:07 [ 編集] | top↑
--Re:びんさん--

将軍が前世…カッコいいですね(ニヤリ)
*江戸15代将軍は幼少期寝相が悪く、枕サイドにカミソリを立てられていたそうです。

ありがとうございます、続きは試験が終わってから書きますね(^ ^)
by: クロネトル * - * URL * 2007/03/16 * 17:30 [ 編集] | top↑
--Re:SABOさん--

低い声での荘厳なナレーションでした。
切腹したのに幸せな夢って…複雑な心境。

あ、リンクありがとうございます!!
また宜しくお願いします(笑)



しかし皆さん、切腹にツッコミはなしですか(´ー`)
by: クロネトル * - * URL * 2007/03/16 * 17:41 [ 編集] | top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。